配当のあるアキレスの株や分配金のある投資信託から

投資にはリスクがつきものですが、配当や分配金を目当てに長期的な保有を前提とする場合リスクをある程度おさえることができます。
アキレスのように長い間株価が100-200円の間を動いているような銘柄の場合、100円近辺で購入をしておけばその後はじっくりと配当を受け取り続けることができていたということになります。
もちろん、100円近辺になった時には更に下落をするのではないかという予想もできるわけですから、そのように簡単に行くものではありませんが、長期的なチャートで見た場合アキレスは100円近辺が底値となっているので、長期投資をするのであればこのようなチャートを見て底値近辺で株を購入するというのも決して難しいものではないでしょう。
また、アキレスは配当だけでなく株主優待もあるので、それを目的として投資をするというのも悪いものではありません。

投資信託は自ら資産運用をするのではなく、専門家に運用をしてもらうというスタイルで運用益を分配金という形で受け取ることになります。
当然専門家といっても運用に失敗をすることがあるので、元本保証というわけには行きませんが一般人が運用するよりも好成績の運用をすることができる可能性は高いだけに、株で配当を得るよりも投資信託で分配金を受け取ったほうがリスクが低いといえます。
投資信託は銀行預金よりもリスクが高く、その分リターンも大きいと考えておけば投資をしやすくなります。

配当金や分配金が出るものに投資をしておけば、多少評価額が下がってしまったとしてもインカムゲインがあるので評価額が戻るのを待ちやすいという利点があるため、投資を始めるのであればこのようなところから手を出してみるのも良いでしょう。